二次会の景品で注意すべき点

このように、景品を選ぶ際に景品を選ぶポイントや喜んでもらえる景品を把握しておくことで、結婚式の二次会を盛り上げることができるのです。しかし、景品を用意する際の注意点もあります。結婚式の二次会の景品は遅くとも一ヶ月前には準備に入る必要があります。景品を購入する場合、人気商品の場合は在庫切れや受け取りまでに時間がかかる場合があるので、当日までに必ず揃えようとするとそのくらいの期間が必要になるのです。

まずは誰が景品を用意するのかを予め決めておく必要があります。結婚式の場合、二次会の幹事や新郎新婦が用意したほうが理想的ですが、新郎新婦は結婚式の準備で忙しい場合が多いので、新郎新婦に景品を選んでもらう場合、負担になってしまう場合があります。用意する人が決まれば、購入後の景品の保管場所についてもしっかりと話し合っておく必要があります。商品や数量によっては場所をとってしまう事もあるため、全ての景品がまとめて置いておける場所を確保しておきましょう。

新郎新婦が忙しい場合は、景品を誰に用意してもらうかを二次会の幹事が新郎新婦と相談して決めるようにすると良いでしょう。また、景品を渡す際のサプライズ演出も大切になります。シークレットボックスなどを用いてゲストに景品を渡すことで、ゲストに喜んでもらえる可能性を高めることができ、二次会そのものが盛り上がることに繋がるからです。