二次会の景品で注意すべき点

このように、景品を選ぶ際に景品を選ぶポイントや喜んでもらえる景品を把握しておくことで、結婚式の二次会を盛り上げることができるのです。しかし、景品を用意する際の注意点もあります。結婚式の二次会の景品は遅くとも一ヶ月前には準備に入る必要があります。景品を購入する場合、人気商品の場合は在庫切れや受け取りまでに時間がかかる場合があるので、当日までに必ず揃えようとするとそのくらいの期間が必要になるのです。

まずは誰が景品を用意するのかを予め決めておく必要があります。結婚式の場合、二次会の幹事や新郎新婦が用意したほうが理想的ですが、新郎新婦は結婚式の準備で忙しい場合が多いので、新郎新婦に景品を選んでもらう場合、負担になってしまう場合があります。用意する人が決まれば、購入後の景品の保管場所についてもしっかりと話し合っておく必要があります。商品や数量によっては場所をとってしまう事もあるため、全ての景品がまとめて置いておける場所を確保しておきましょう。

新郎新婦が忙しい場合は、景品を誰に用意してもらうかを二次会の幹事が新郎新婦と相談して決めるようにすると良いでしょう。また、景品を渡す際のサプライズ演出も大切になります。シークレットボックスなどを用いてゲストに景品を渡すことで、ゲストに喜んでもらえる可能性を高めることができ、二次会そのものが盛り上がることに繋がるからです。

二次会のゲストに喜ばれる景品選び

結婚式の景品を選ぶ時に予算別に選ぶ方法があります。一万円の商品を6点用意したり、五千円の景品を4点用意するといった選び方をしている方は数多くいます。

例えば、1万円の景品を選ぶ際に喜ばれる景品はディズニーリゾートのチケットです。このチケットは多くの結婚式の二次会で景品として選ばれています。日本でもとても人気のあるリゾートのため、貰った方の多くが喜ばれます。その他にも旅行券なども景品として選択することができます。今では景品として貰った方が自分の行きたいところを選択することができる温泉旅行券もあるので、そのようなものを景品として用意すると喜ばれる可能性が高くなります。

カフェラテコーヒーメーカーを景品として用意する結婚式の二次会もあります
コーヒーは多くの方が飲むので喜ばれる方が多いでしょう。
コーヒーメーカーはなかなか自分で購入する機会がないので、コーヒーメーカーを景品としてプレゼントされると喜ばれる可能性が高いです。
高級食材を景品に採用している場合もあります。高級食材なので普段なかなか食べることができないものを貰うことができます。ギフト会社によっては豊富な高級食材を用意しているところもあるので、自分好みの高級食材を選ぶことができます。

関連HP≪二次会景品向けバリスタ|マイルーム

結婚式二次会の景品選びのポイント

結婚式の二次会では景品を用意される事が多くありますが、景品の選び方にはポイントがあります。それはインパクトのある景品を選ぶことです。ほとんどの結婚式の二次会の場合、全ての景品を豪華にすることは現実的に難しいでしょう。ほとんどの場合、参加者の予算で景品、食事代、会場を決めなければならないからです。

そのため、トップ賞を豪華にすることでインパクトを残すことができるのです。景品にインパクトを残すことができれば会場を盛り上げることができるので、ある程度インパクトを残す景品を用意する必要があります。また、なるべくゲストに景品が行き渡るようにしておく必要があります。こうすることによって少しでも多くの人が楽しむことができるようになり、二次会を景品で盛り上げることができるのです。
景品を選ぶ時に重要なのが男性用の景品と女性用の景品の両方を用意する必要がある事です。男性が貰う場合と女性が貰う場合の両方を考えて景品を用意しておくことで、両者にしっかりと楽しんでもらえることができるのです。

景品を選ぶ際に重要になるのは予算です。豪華な景品ばかりを用意してしまい、予算を上げなければならなくなると参加者が減ってしまうこともありますので、計画的に景品を用意する必要があります。一般的には会費の中に食事代や飲み物代などが含まれているので、それを差し引いて景品の予算を決めなくてはなりません。景品を購入する際は、インターネットでしたら様々なサービスが充実しているので効率的に利用できます。